これが特殊なのか?

私の決め手は日払い、送迎有り、ということでした。
内容問わず面接したら即採用。本日夜から。
お金に困っていたのでありがたかったです。
いざ、入店。
ドレスは店のを借りました。
カウンターとBOX席があり、最初はカウンターで立って接客。
マネージャーが「お客様には敬語を使うように」
他の子は敬語使ってないんだけどなぁ…。

敬語だと距離感がありなかなか話しも弾まず、これはまずいと思い酒のスピードがあがるあがる、でも酔わないんです。緊張してて。
そうこうしてるうちにBOX席へ指名がはいりました。
若いサラリーマンの方でしたので、盛り上がり敬語もいつの間にか使わなくなりました。
それがよかったのか別のBOX席から呼び出しかかり、挨拶して移動しました。
年配の方二人でした。そうとう酔っていて、さわってくるし、さわらせるし…
さわられるのは諦めてた部分もありましたが、さわるのは嫌でしたね。
どこをさわるのかと言うと男性の大事なところです。
見かねたマネージャーが助け船を出してくれ元の席に戻れました。
助かった。
マネージャーから後でコソッと耳打ちされ「あんまり酷いのは断っていいから」

初心者なので酷いの境界線がわかりません!
閉店一時間前になると女の子がバタバタし始めました。

常連さんが「ここは嬢の皆で踊るんだよ」
聞いてないよ?踊るってナニ?
カラオケて松浦亜弥の桃色片思いが流れ出した。
はるな愛がやってますね。
ズバッと!ってやつです。
カウンター前にホステスがずらっと並ぶ異様な光景。
歌が始まると一小節ごとにマイクが横に流れてきました。
知ってる歌で良かった。
でも、踊れない新人、私。
ヘルプできた子も当然踊れない。
キョドる二人。
マイクが自分に流れてきました。
緊張で歌もあわあわなって急いで隣へパス。
よたよた踊り、なんとか終了。

何事もなかったように皆元いた席に解散。
恥ずかしくて顔が上がらなかったです。
皆から「毎日あるから覚えるよ」
毎日!?
その後どういうふうに過ごしたかわからないくらい疲労し、やっと閉店。
1人1人に封筒に入ったお給料を渡すマネージャー。
中を確かめると少ない!
日給一万だったのに。
聞いてみたら、すぐ辞める子がいるため手渡しは半分で残った分は積み立て月末精算だそう。
面接で言われなかったし。全額貰えるものと思っていたのでダメージがでかく「そうですか」としか言えずしぶしぶ貰いました。
次の日、出勤時間になると、「また踊ならければいけない」と思うと嫌になり、結局1日で辞めました。
面接では本当に突っ込んで条件確認したほうがいいです。