キャバ嬢の仕事

18歳でキャバクラという存在を知って、実際どんなところなのかすごく興味を持ちました。
そして友達などにその話しをすると、近い友達のお父さんがキャバクラを経営しているとのことで、早速その友達を通してバイトをさせてもらうことになり、それがきっかけで私のキャバ嬢人生が始まりました。
お店は広くて、ノリの良い音楽がかかっていて、少し照明が暗いお店でした。
いつも店内は混み合っていて、お客さんや女の子の楽しそうな声が響いています。
常連のお客さんも多く、女の子達もお客さんととても仲良しで、楽しくお話しをしながらお酒を飲んだり、一緒にカラオケを歌ったり、まるで友達同士で遊んでいるようなとても楽しい時間がそこにはありました。
若い人から年輩の人まで、幅広い年齢層のお客さんがいて、自分の親より年上のお客さんも来るので、色々なことを教えてもらえとても為になることも多く、キャバクラのお仕事はたくさんのことを学べるお仕事だと知りとても驚きました。
年輩のお客さんの中には自分の娘さんが私と同じくらいの年齢という人もいて、親目線で色々お話しをしてくれたり、心配してくれたり、優しくしてくれたりしました。
そうかと思えば、中にはお酒を飲むとたちの悪いお客さんもいて、酷いことを言われたりして泣いた事もありました。
キャバクラには【指名】というものがあり、お客さんに気に入られ指名をしてもらうと時間で移動をせずその席に居ることができます。
その他にも【同伴出勤】というものがあり、仕事に入る少し前にお客さんと外で会い、一緒に食事をしてからお店に一緒に入ります。
このように【指名】や【同伴出勤】をすることでマージンが発生したり、成績が上がり時給が上がるので多ければ多いほどお給料が高くなるのがキャバクラの仕事です。
たくさんのお客さんに気に入ってもらい、たくさんの指名を取り人気が出たら俗にいう【No.1キャバ嬢】も夢じゃないかもしれません。
【キャバ嬢】というと、チャラチャラしていて軽いイメージでしたが、実際は普通の女の子も多く、学校に通いながら働いている子、他の仕事をしながら働いている子、夢や目標を持ち働いたお金を頑張って貯金する為に働いている子など様々な女の子がいることを知り驚きました。
楽しいキャバ嬢ライフを送る為には、お店選びやお客さん選びをすることも重要なので、自分でちゃんと見極めながら楽しくお仕事をすることをおすすめします。