良い人生経験

いい経験になったと思います

学生のころに、昼間は講義や自分の専攻している内容の研究やらであまりアルバイトをする時間が取れなかったので、夜に働ける仕事を探していました。

当時何かと本や研究資材とお金のいることが多く、親にも学費と下宿代と、結構な負担をかけてしまっていたこともありできるだけ余分なお金は自分で工面したい、と思っていたのですが、研究に使う時間もきちんと確保したいため、できるだけ短時間でお金を稼いで、と考えて捜したところ、自然とそういう仕事にたどり着きました。

大阪の繁華街で働いていましたが、いわゆる触ったり過激な感じのキャバクラではなく、落ち着いた大人の雰囲気のお店だったので、お客様の質もよかったように感じました。

まずインターネットで、自分の通える距離にあるお店の求人を色々調べて、気になるお店があったらそのお店の求人サイトだけではなくてホームページも一応確認し、どういう雰囲気のお店なのか調べました。

お店によって全然テイストや仕事の内容も違ったりするので、いろいろあらかじめ調べられるところは調べてからのほうがいいと思います。それによって自分にあうあわないも絶対あると思いますので。

そのあとは面接を申し込み、一応履歴書などを用意して、指定された日時にお店に実際に伺い、ママに面接してもらいました。
開店前で、バーテンの方などしかいなくてそこまで緊張せずに面接していただけた気がします。それでもやはり夜のお店が初めてだと、あの独特な雰囲気は身構えてしまうと思います。

面接では年齢や、こういう業界でのアルバイト経験の有無などを聞かれたりしました。実際週に何日はいれるかとか、終電は何時くらいとかも聞かれたように思います。何か聞きたいことあるかと言われたときは、こちらが不安に思っていることや疑問に思うことはきっちり聞いといたほうが後々トラブルにならずに済みます。

特にお給料の金額や振り込みは月単位か週単位かなどは確認されたほうが安心です。あとは服装はどういうものが良いかも聞いてみると初出勤の時安心です。

衣装を貸してくれるところもあるようですが、自前のほうがお酒をこぼしたりなんかあったときにも気楽で安心なので私は自前で安いものを探してネットで買ったりしてました。

仕事を通じて、お客様とのコミュニケーション方法や、距離感、お付き合いの仕方や気遣いなど色々なことを身に着けることができました。

友達との付き合いの中では得られない経験をできたと思います。ただ、私はあくまでお金を稼ぐという目的で、一定の期間を自分で決めていたので、深入りすると大変なこともいろいろあるかと思います。